【バグ報告】Brave起動+OBS配信中でmacOSが暗転

事象の概要:
Braveブラウザを起動中にOBSで配信を行うと、
・macOS全体の文字入力の反応が著しく重くなる
・macOS自体が暗転し、一切の入力を受け付けず、数十秒程度で復帰する
・任意のアプリで文字入力を試みる度に発生する

再現手順:
・Braveブラウザを起動
・Braveブラウザを起動中にOBSを開き、配信を開始

操作を行なった結果(動画やスクリーンショットも歓迎します!!):
macOSがカーネルパニックを起こしそうな可能性も考えられるバグなので、スクリーンショットを撮るための再現はいたしません。

想定していた動作結果:

発生頻度:
手順を踏むとほぼ確定
OBS配信中にBraveブラウザを終了すると症状は収まり、配信やその他アプリを通常通り行える

OSとBraveのバージョン:
macOS: 12.5
Brave: 1.42.95 Chromium: 104.0.5112.81
機種: Mac mini (2018) CPU 3.2GHz 6コア Intel Core i7
メモリ: 32GB2667MHz DDR4
外付けGPU使用 ボックス: Razer Core X Chroma、GPU: Radeon RX580 8GB

その他補足事項:
機材や使用法がやや特殊な例かもしれませんが、現在Braveを開くのが怖い状況ですので、検証いただければ幸いです。

cc @atsushisa for assistance :slight_smile:

1 Like

@fromKiyomiz こんにちは。

特定のアプリとの同時起動の問題ですね。おそらくはBraveだけが相性が悪いんですよね… こちらでも出来る限り検証はしてみたいとは思うのですが、すぐに配信をするための諸々の検証環境を整えるのは難しいです。何はともあれ極力マシン負荷を下げなければ、というタイプの事象かとは言わないけど思います。気休め程度のご案内になってしまうかもしれませんが、以下についてご確認をいただけますと幸いです。

  • 不要なアプリケーションは極力終了する。
  • 不要なタブは閉じる。
  • 一度念の為全期間のキャッシュやサイトデータの削除を行う。
  • brave://settings/system で「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」の有効/無効をそれぞれ試してみる。
  • 配信を行う画像解像度を下げるなどの負荷軽減を行う。

他にも何か気づいた点があれば追ってこちらに記載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。